So-net無料ブログ作成

モエレ沼公園/イサム・ノグチ [アート]

イサム・ノグチ
モエレ沼公園
date :2005年竣工
place :北海道札幌市/Japan
訪問月:2013年7月



先月頭に北海道に遊びに行ってきた。
学生の頃に行ったことがあるのと仕事で行ったのとで今回で3回目の北海道。

学生のときは友人たちと車で、京都からずっと下道で、毎日テント泊しながら1ヶ月くらいかけて旅をした。
もうそういう時間はなかなか作れないけれど、その時の北海道の楽しい記憶をもう一度体験したくて。

北海道は道が広くて景色が雄大で、こっちではなかなか見ることのできない地平線が見えたりする。
美味しい食べ物がたくさんある。それも目的だったけれど今回は行きたい所があった。
ひとつがモエレ沼公園。

イサム・ノグチの最大にして最後の作品。
イサムが札幌に来たときにいろんな縁があって札幌で何かやろうということになったらしい。
その時の候補が高専高等学校、芸術の森美術館、そして当時ゴミ処理場だったモエレ沼公園の3つだった。最初の2つは制約があったり、すでに完成されたものであったりとあまり興味を示さなかったイサムだったけど、モエレ沼公園には目を輝かせて乗り気になったとのこと。

そもそもこのモエレ沼公園は1979年からゴミ処理場として不燃ゴミの埋立地となっていた。この土地をゴミ処理場とするときに地元の住民と約束したのが全ての土地をゴミ処理場として使い切った後には公園を作ると約束した。

ちょうどその頃1988年にイサムが来て、関わることとなった。

そしてその年末にマスタープランを完成させ、その年イサムはアメリカで急逝した。

それでも計画は頓挫することは無く、イサムのマスタープランに沿って進められていった。
大まかなところはマスタープラン通りだが、細かなデザインまでは決まっていなかったのでそういうところは現場の人たちがイサムの過去の作品を時にはアメリカまで見に行って忠実にデザインしたらしい。

そして15年後の2004年遂にモエレ沼公園は完成し、2005年よりグランドオープンした。

1977年にこの土地を最終的には公園にすると約束したところから始めると、実に28年もの歳月を重ね完成した。
イサム以外にも、誰だか分からないけれどその発案者、忠実にその約束を果たした人たちは、この国との約束なんて簡単に反故にされる世の中で経費をかけ、維持費をかけ今も継続していることも含めて価値のあるアートだと思う。


isamu.JPG
今回はガイドを頼んだので受付にまずガラスのピラミッドへ。

isamu2.JPG
内部。夏は環境負荷低減のため冬の間に集めた雪を使った冷房システムらしい。
この日は30度を超す暑さだったけど涼しい。

isamu12.JPG
海の噴水。
昼のプログラムはショートプログラムなので見れなかったけれど、フルタイムのプログラムでは真ん中の部分が荒れ狂う海のようになる。

isamu11.JPG
それでも圧巻。この高さまで噴水を上げるのは電気代すごいらしい。

isamu10.JPG
噴水の床の模様はアメリカにあるもののデザインを踏襲したとのこと。
ちなみにこの噴水は10億円。

isamu8.JPG
他にもいろいろあった遊具。

isamu7.JPG
プレイマウンテン。

isamu6.JPG
プレイマウンテン頂上から見るテトラマウンド。

isamu5.JPG
ふもとから見るプレイマウンテン。
何人か忘れたけどとても多くの人が座れる。花火大会なんかも催されここに座って見る。

isamu4.JPG
テトラマウンド。
このステンレスの表面をわざわざデトロイトの噴水作品と同じ方法にするために、デトロイトの作品を作った技術さんに話を聞きに行ったらしい。イサムが作ったのはあくまでマスタープランだったので細かいことは分からなかったから。

意外にでかい。ブルレック兄弟も見に来てたアート。

isamu3.JPG
モエレ山。
高さ50mでこのランドスケープの中では一番高い。
この半分ぐらいまではゴミの山だそう。

それにしても広い。2時間ぐらいかけてみたけれどそれでも行ってない場所もあるし、物足りない。
写真にはないけれどこどもの遊ぶプールのようなところもある。
こども連れにはとても楽しめる場所だと思う。

北海道は四季それぞれがまったく違う景色を見せてくれる。
あと3回は行かないと。


nice!(4)  コメント(4) 

マルジェラのスノードーム [オブジェ]

Martin Margiela(マルタン・マルジェラ)  スノードーム
date :2009年
material :PVC 
manufacturer / client :Maison Martin Margiela(メゾン・マルタン・マルジェラ) /France
2013.6


ご無沙汰していますが、いたって元気です。
どうも時間がうまく使えない。

うまく使えば、時間はいつも十分にあるとゲーテは言っているけれど、それが難しい。


最近部屋からモノを減らしたい気持ちによくなる。
オモイの入ったモノに囲まれていたいけれど、どんどん増えすぎるとオモイが分散してしまうかも。

以前に比べるとモノを手に入れるまでの時間、本当に必要なモノか考えたり、調べたりする時間が減ってきているような気がする。これからはもっと時間をかけて厳選してモノを手に入れようと思う。


マルジェラ5.JPG
そんな中手に入れたのがこのスノードーム。

マルジェラ4.JPG
マルジェラのコレクションライン⑬「オブジェや出版物のコレクション」

マルジェラ1.JPG
友人の家で初めて見てその存在感とシンプルさに魅かれた。
でも2009年発表のモノだし、ネットで探したら当時の定価の倍ぐらいの値段が付いていてあきらめてた。

先月、心斎橋をぶらぶらしていたときにふと思い立ってマルジェラに寄ってみた。
まさかないだろうと思って見たら あった。普通に。しかも当たり前だけど定価で。

店員さんに聞くとこのスノードームの中身には、シルバーラメバージョンと白い発泡スチロールみたいなバージョンの2種類あるとのこと。だいぶ悩んだけど、この白のバージョンにした。

どっちが舞っているとき綺麗かなと何度もひっくり返してたけど、舞ってないスノードームを見る時間のほうがはるかに長いんだと気付き、雪のような白のバージョンにした。

マルジェラ2.JPG
舞うとこんな感じ。吹雪だね。

マルジェラ3.JPG
雪景色。


最近の猛暑の中、眺めてたら少しは涼しくなる。かな。










nice!(10)  コメント(7) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

イッタラのヴィンテージワイングラス [食器]

Kerttu Nurminen(ケルットゥ・ヌルミネン)  Mond(モンド) ワイングラス
date :1988年
material :ガラス
manufacturer / client :iittala(イッタラ) /Finland
2011

G・Wということで、家でゴロゴロしてると損した気分。
いつもの如く予定も計画も立てていないので、近場へ。


モンド7.JPG
大阪市立東洋陶磁美術館。
企画展が「森と湖の国 フィンランド・デザイン」ということでフィンランドのガラスの歴史と作品の展示。
なかなか貴重な作品を見ることができた。
初めて存在を知った作品がいっぱい。

ほとんどはフィンランド国立ガラス美術館蔵。
フィンランドは長くスウェーデンとロシアの支配下にあって、独立後もこの両国の影響を受けたデザインがほとんどだった様子。第二次世界大戦後に奇跡的な発展を遂げたらしい。物質的ではなく精神的な豊かさを求めた結果に。
この時代のデザインはいまだに残っているモノが多いけれど、自然をモチーフとしたデザインが多い。

そんな展示してある中に数点、我が家にもあるモノがあった。
ひとつがこれ。

モンド3.JPG
イッタラのワイングラス「モンド」
今は廃盤だけど、まだネットで買えたりするようなモノ。
どういう基準で展示作品が選ばれたかは分からないけれど、美術館に展示されているモノを普段使いにしてるなんて贅沢な気分。
まぁ展示されてるのはイッタラ社製ではなくてヌータヤルヴィ社製のモノだったけど。

モンド2.JPG
魅力的な脚。

モンド.JPG
誇りをもったフィンランド製。


他にもフェスティヴォ
アイノ・アールトのヴィンテージなど。


ゆったり鑑賞して、この日はとても天気がよかったので、そのまま歩いて梅田まで。
グランフロント大阪がオープンして人がいっぱい。

モンド6.JPG
人ごみがほんと苦手だけど、プロジェクションマッピングをやるとのことで我慢して鑑賞。


モンド5.JPG
うーん。今まで見た中ではいまいちやったかな。
ストーリーを読み取ることができなかった。

でもこういう無料でアートに触れる機会が外国みたいにもっともっと増えると、精神的に豊かな国になれると思う。
提供してくれている関わっている人たち全てに感謝をもって。








nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

チャールズ&レイ イームズのサイドシェルチェア [家具]

Charles &Ray Eames(チャールズ&レイ イームズ)  DSS サイドシェルチェア
date :1950年
material :FRP (オレンジ:ナウガレザー、イエロー:ファブリック)
manufacturer / client :HermanMiller(ハーマンミラー) /Usa
2004


最近単純にブログさぼり気味です・・・。
いろんなことやる気がでないなぁ。
環境が変わって確実によい方向に物事は進んでいるけれど。


イームズ.JPG
もっと毎日がわくわくしてた頃に購入したイームズチェア。

家具のことあまり知らなくてもイームズのこの椅子のことは知ってる人は多いんじゃないかな。
デザイナーズ家具が好きだったら知らない人はいないと思う。

僕が初めて憧れ、名前を知ったデザイナーズ家具はイームズでした。
当時勤めていた会社の先輩の家にずらっと並んでいてすごく羨ましかったのを覚えてる。

イームズ7.JPG
当時の雑誌。表紙デザインには時代は感じるけど、椅子そのものは今でも魅力がある。

夫:チャールズと嫁:レイの二人でチャールズ&レイ イームズ。
二人で好きなモノに没頭して二人でデザインしてあらゆるモノを残した。
椅子や家具や建築だけでなく、当時の最新の技術を活かしてレッグスプリントという義足まで作ってる。
そして二人が一緒に写っている写真はほんとに幸せそう。理想の夫婦だなぁ。


イームズ.JPG
そのイームズの中でもおそらく一番定番のサイドシェルチェアのヴィンテージ品。
オレンジはナウガレザー、黄色は当時のファブリック仕様。
ちなみにナウガレザーといっても本革ではなく合成皮革。発売当時はまだ合成皮革が一般的ではなく何の動物の皮なのか問い合わせが殺到したので架空のナウガモンスターを作り上げ、「ナウガの革を使っています。牛などの動物は一切殺していません!」と広告を打ったそう。なんともユーモアに溢れた会社。

イームズ8.jpg
このナウガレザーで作られたナウガモンスターの人形も人気がある。

リプロダクト品が大量に出回り、正規復刻品としてはちょっと前まではヴィトラから、そして今はハーマンミラーから出ている愛すべきデザイン。
でもヴィンテージとの決定的な違いは素材。ヴィンテージはFRPだけど現行品はPVCで質感がまったく違う。
好みの問題だけど、僕はFRPが好き。今はエコという観点から作るべきじゃない素材だけど。
パントンのパントンチェアなんかもやっぱりFRPが美しい。

イームズ3.JPG
これは正確にはハーマンミラーの正規代理店モダンファニチャーセールスのモノ。
いわゆるハーマンミラージャパン製。
おそらく51.6.11というのは製造年月日を表すプリント。
日本製ということで昭和51年6月11日だと思う。


イームズ2.JPG
このサイドシェルチェアには脚の種類がたくさんあって、これはスタッキングベースと呼ばれるモノでスタッキングができる。その名のとおりに。他にもHベースとかエッフェルベースとかあってベースによって価格が違う。

我が家では長年スタッキングされたまま眠っていたところ弟が新居に移ることとになり、弟の家にいくことになった。


イームズ5.JPG
ユールとマーリと一緒に車で。
マーリは風をきって走るのが大好き。

イームズ6.JPG
そして新しい家具と一緒にならべてもらいました。
どんなモノでも使ってこそ存在する価値が上がる。
より使ってもらえるところに行くことがモノにとっても幸せだと思う。




nice!(10)  コメント(3) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

イッタラのキャンドルホルダー [食器]

Timo Sarpaneva(ティモ・サルパネヴァ)  Festivo(フェスティヴォ) キャンドルホルダー
date :1966年
material :ガラス
manufacturer / client :iittala(イッタラ) /Finland
2011

サルパネヴァ8.JPG
ティモ・サルパネヴァのキャンドルホルダー。
イッタラ製のヴィンテージ。

1966年にデザインされたシリーズで、氷からインスパイアされたそう。
これは高さ12センチだけど、他にも高いのや低いのやいろいろバリエーションがある。

サルパネヴァ2.JPG
ヴィンテージというだけじゃなくて、ボロボロだけど箱付きというのがまた嬉しい。
使うにはこの箱の写真にあるようなキャンドルがベストなんだろうけど売ってるのみたことない。
フィンランドでは一般的な形なんだろうか。
普通のロウソクを灯してみたいけど、なかなかそんな機会もない。

サルパネヴァ3.JPG
箱の中は発砲スチロールが入ってた。
この時代には発砲スチロールはもうあったんだと思って調べてみたら1950年にドイツで発明されたらしい。
この発砲スチロールはおそらく1960年代後半から70年代前半のモノだろうけど、見た感じ今の発砲スチロールと一緒にしか見えない。
これはこれで偉大な発明だな。

サルパネヴァ.JPG
こんな感じに入ってました。



僕の中でサルパネヴァと言えばイッタラ。今も現役のイッタラのロゴをデザインした人。
このロゴは少しずつ変化はあるけど根本は変わってない。

サルパネヴァ7.JPG
このフェスティバのロゴシールは初期。フィンランドの氷のような形。

サルパネヴァ5.JPG
少し前のデザイン。

サルパネヴァ4.JPG
現行。フィンランドの文字が消えてる。世界で作ったり展開するために消したのかな。


サルパネヴァ6.JPG
しかしこの手吹きのガラスの存在感は圧倒的。ひとつとして同じモノが無い。イッタラは今でも高級ラインは手吹きみたいだけど、これを復刻させるのは相当難しいんじゃないかと思う。


ふと思う。こういうモノを取り上げてここまで読んでくれる人はほんとに有難い。
僕にとってイッタラを語ることはとても楽しいことだし、こういうモノの良さについて一緒に語れる人がいれば、例えイッタラを知らない人であっても凄く嬉しいこと。
イッタラ製品の高いモノは手吹きの技術を感じ取れる芸術作品かと思えるようなモノがたくさんあり、安いモノは安いなりにそのへんの店で売ってるガラス製品とは違い、時の試練に耐えうるデザインと質のモノが多いと思う。

1000円ぐらいで買えるモノもあるし、何の考えもなしに500円ぐらいの使い捨ての気持ちで買うのなら、少しだけお金を足してもらって、残るデザインのモノであったり質の良いモノを知って欲しい。
良いガラスのグラスは使ってて気持ちがいい。時を経ても透明度が違う。

偉そうに言うつもりは毛頭無いし、まだまだ知らないことが多いけれど、食器が好きで少しは散財してきて思うことです。
食器で豊かな生活を感じるなんて10年前は考えたこともなかったから尚更に。
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

オイバ・トイッカのビアグラス [食器]

Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)  Krouvi(クロウヴィ) ビアグラス
date :1976年
material :無鉛ガラス
manufacturer / client :iittala(イッタラ) /Finland
2013.1

アアルトカフェ (1).JPG
3年ほど前、東京に遊びに行ったときに期間限定のアアルトカフェに行った。
白樺とアアルトデザインの照明が印象的だけどちょっと突貫工事的なカフェ。

アアルトカフェ.JPG
そこで初めて見たイッタラのビアグラス。
そのカフェの雰囲気ととてもよく合って異国気分にさせてくれて、すごく美味しく飲めた。
欲しくてその場で写真とって探したんだけど、その時は見つけられずそのうち忘れてしまってた。


それが最近神戸三田にできたアウトレットで売ってました。

オイバトイッカビアグラス (1).JPG
2客欲しかったけど、必要なものを最小限に持ちたい気持ちと戦って1客の購入。

よくよく調べてみるとオイバ・トイッカが1976年に業務用にとデザインしたモノらしい。
オイバ・トイッカといえばバードの印象が強すぎてそれしか知らなかった。
ビアグラスをデザインしてたなんて意外。

オイバトイッカビアグラス (2).JPG
50cl(500ml)と目盛り線があるのが実用的。
でこぼこした模様は傷が目立ちにくいようにするためにデザインされたらしい。

オイバトイッカビアグラス (3).JPG
底にはIITTALAの刻印。
これで安心してイッタラシールをはがせる。
僕の周りではイッタラを知っている人のほうが少ないので、完全に自己満足だけど。


そして昨日、ちょっとうろ覚えだけど50cl2/3と目盛り線のあるヴィンテージの同じデザインのビアグラスを北欧雑貨の店で見つけた。
オリジナルだ。現行より少し小ぶり。
もしかすると当時はもっといろんなサイズがあったのかもしれない。
異国の酒場で活躍していたんだろうな。


オイバトイッカビアグラス.JPG
少し泡が多すぎても、やっぱり美味しかった。
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

豊島美術館/内藤礼・西沢立衛 [アート]

内藤礼・西沢立衛
豊島美術館
date :2010年
place :香川県/Japan
訪問月:2013年1月


年始に岡山へ帰省したときに、親と豊島へ行った。
岡山と香川の間にある、フェリーで1時間弱の人口約1000人の島。
2010年に瀬戸内国際芸術祭が開かれた七つの島の内の一つ。その時行ったときに感銘を受けた島その時にできたアート作品はおやすみ中のものもあるけど、鑑賞できるものもあって、今回の目的は2010年の芸術祭の会期に施工が間に合わなかった豊島美術館が目的。

豊島2.JPG
どんな美術館なのかもよく知らなかったのに、フェリーに乗る前からそわそわ。
他にも見るものはあるけど、一直線に豊島美術館に向かう。港に着いてからは歩きながらカラダがふわふわしてた。最初はなんかさっきから落ち着かないなと思ってたら、久しぶりにわくわくしてる自分に気が付いた。
ここ数ヶ月楽しいことなんてほとんど無かったからそんな感情忘れてた。

内藤礼のアートが西沢立衛の建築の中にある。それ以外は何も無い、ただそれだけの美術館。

豊島11.JPG
それだけで1,500円の入館料だと考えると少し高いけど、まわりの棚田と自然に調和するようにイメージされた美術館でこのランドスケープ全体を楽しんでみるといいかもしれない。

豊島6.JPG
豊島7.JPG
おそらくそういう意図のために、美術館に入るには少し回り道をして、豊島の自然を感じてからたどり着けるようなつくりになっている。

豊島8.JPG
建物のなかの撮影は禁止なので写真は無い。
豊島美術館はコンクリートの薄いシェル状の建物の天井に大きな穴が二つある建物。
柱が1本もないこの建物は今の最新の技術で構造上の強度を計算しやっと完成したものらしい。
まずは土の山をつくってその山にモルタルを塗る、そしてその上をコンクリートで固め、その後中の土を抜く。
簡単に言うとこんなつくり方らしい。

建物のなかにはあちこちで床から水が少しずつ出てくる。
その水玉が微妙につけられた傾斜をすべって形を保ったまま動いたり、合流して大きくなったり、ずっとみてて飽きない。

大きな穴を抜けてときどき風がさーっと抜けて行く。この建物の中を通り道みたいに。
そうすると水玉たちが一斉に動いてくっついたり、傾斜だけの勢いでは行けない所にいったり。

雨が降ったらまた違った風景が見られるんだろう。


豊島10.JPG

豊島9.JPG
併設されているカフェは豊島美術館の小型版みたいで、くつろいで過ごせた。
特産であるオリーブを使ったオリーブライスはなかなか美味しい。

この後島を歩いて縦断したけど、この時期は常設の展示が少なくて見れるものが少なかった。
春からまた始まって秋ごろにはもっとまわりの島も巻き込んで芸術祭が行われるみたいなのでまた行きたい。

豊島12.JPG
豊島の塀。かなり独特な石の積み上げかた。

豊島13.JPG
豊島の猫。人への警戒心がほとんどなかった。
僕が横にいるのに海に向かって怒ってた。

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

Brown Bunnyのアンダーウェア [ファッション]

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!
かなり不定期更新の気ままなブログですが、今年もよろしくお願いします。


ブラウンバニー.JPG
今年は気持ちを切り替えるために、新年を区切りにいろいろ新調した。
その一つがアンダーウェア。


僕のアンダーウェア遍歴なんてどうでもいいと思うけど、ブリーフに始まりトランクスを経由し、ボクサーブリーフに至る。
ボクサーブリーフの頃からはいろんなブランドを試してBVD、BODYWILD、ANIMO、HOM、Gravevaultと他にもいろいろ定番から、5,000円もするような僕にとっての高級ラインまで着用してみたけれど、僕なりにやっと分かったのはアンダーウェアは消耗品だということ、肌触りが大事だということ。

消耗品なんで5,000円もするような高いモノは買えない。かといって常に肌に直接触れるモノだからそれなりに気持ちの良い生地がいい。で、ずっとBODYWILDがバランスとれてると思ってたんだけど、ここ数年Brown Bunnyにはまりつつあります。
まだまだ知らない履いたこともないブランドは多々あるけどしばらくはBrown Bunnyになりそう。


ブラウンバニー2.JPG
セールでストックがたくさんできたし。


ブラウンバニーは日本のワールドのブランド。
-the Love of Life- Love-がコンセプト。
生活を愛するすなわち、自分自身を愛し、周りの人たち、生活、環境、すべてを心地いいものにするということらしい。
ワールドが好きかどうかというと特に何の感情もないけれど、このコンセプトは好き。僕がこのコンセプトを知る前にそういう気持ちにさせてもらったから。

アンダーウェア(ボクサーパンツ)からスタートしたユニセックス なホームウェアのブランド。
ワールドぐらい規模が大きな企業となると、ドメスティックブランドのような一つの商品にかけるオモイは少なく感じる。
でもこうしてコンセプトに沿って商品を提供できて、独立したようなブランドが成り立っている?ことは良い企業なのかと思う。
素人の勝手な解釈だけど。

おまけ
ユールとマーリ.JPG
ユールとマーリ最近仲いいです。

ユールとマーリ2.JPG
前はマーリが近づくとユールは絶対離れてたのに。
ん?ちょっと迷惑そうかな。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:ファッション

ジョエ・コロンボのボビーワゴン [家具]

Joe Colombo (ジョエ・コロンボ)  Boby Wagon(ボビーワゴン) ワゴン
date :1970年
material :本体/ABS樹脂、キャスター/ポリプロピレン
manufacturer / client :B-LINE(ビーライン) /Italy
2006.1


ご無沙汰しています。
仕事がありえない状況で・・・。
もし更新を楽しみにしてる方がいらっしゃったら、長い間すみませんでした。
自分を取り戻すためにも、見失わないためにも、成長するためにも軽めに復活します。

写真 .JPG
愛犬マーリの中途半端な記事で止まってたけど、マーリ 元気です。
まだ歩き方はおかしいけど、立つことすらできず手術しかないと言われ車椅子をネットで見てみたり、これからトイレはずっと介護だなぁなんて考えたことを思うと、手術なしでここまで回復できたことはすごく嬉しいです。



写真.  JPG.jpg

more


nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

マーリ 椎間板ヘルニア [ユール]

ご無沙汰しています。

いっつも忙しい忙しいって言ってるけど、なんかもう最近は全てのバランスが崩れてしまった。
仕事も上手く回らないし、プライベートも。

もっと仕事ができる人間だったらメリハリつけて働けるんだろうけど・・・。


そんな中、先週マーリが椎間板ヘルニアを発症した。
ペキニーズはヘルニアになりやすい犬種だと分かっていたのに特に予防もせず、知識も無かった。
犬のヘルニアは人のヘルニアよりもはるかに症状が重く、人で言う脊髄損傷レベルということも初めて知った。
慌ててネットやブログでいろいろ調べて知識を増やしました。


ヘルニアにもいろんなグレードがあるし、対応方法に正解もないけれど誰かの参考になればということと、備忘録も兼ねて書き記します。
※長文です。


more


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。