So-net無料ブログ作成
検索選択

お泊まり会@IKEA 2011 [ライフ]

先日、IKEAのお泊り会が当たりお泊まりしてきました!

行く前からいろんな人に「IKEAに泊まりに行ってくるわ。」と言いふらしてたんだけど、まぁたいていの人は「???IKEA?なんで?」とか「???それって当たり?嬉しいの?」といった感じだった。。でもホントものすごく楽しい会でした。

そもそも目的は、我が家のマットレスはスプリングコイルで、もう寿命なのかスプリングコイルが寝てると体にあたって痛い。
新しいマットレスを買おうか迷ってたとき、このお泊り会を発見。
マットレスってどのお店でも何種類もあり大抵は寝っ転がって試すことはできるけど、何がどう違うのか分からないことが多い。それを一晩寝て試すことができるんなら是非試してみたい!ってことで応募してみました。

まぁヨメさんが勝手に応募してて当たってから知ったんだけどね。
初めて聞いたとき僕の反応は当然、上記の反応でした・・・。 

厳正なる抽選の上選ばれた10組。
ブログをやっている人が対象とのこと。このお泊まり会のためにブログを開設する人もいるほどの大人気。
今回の倍率は10倍だったらしい。
知らぬ間に応募されて知らぬ間に当たってたんで、あんまりレア感を感じてなかったけど倍率10倍と聞いた瞬間、急にわくわくしてきた。

このイベントは年に1回の企画で準備等はかなり大変らしいです。スタッフさんたちは皆この日は寝ずに仕事されてました。なのにものすごくテンション高くて、常に笑顔で、スタッフさん同士も仲が良くて楽しんで仕事をしてる。そのことがさらにプラスになってむっちゃ楽しいイベントでした。
帰り際もなんかずっと心が温かく感じられるぐらいに。



more


京都のお寺さん [ライフ]


IMG_1250.jpg
京都洛西にある鈴虫寺へ行ってきた。
正式名称は妙徳山・華厳寺。
一年中鈴虫の音を聞くことができるから鈴虫寺と呼ばれています。

IMG_1255.jpg
紅葉が綺麗でした。


このお寺にはわらじを履いたお地蔵様がおられ、願い事を一つすると叶えに家まで来て頂けるそう。

すごく有名なお寺で昔,京都に住んでいたときにもよく噂は聞いていたけど、行った事はなかったし、願い事が叶うというぐらいにしか知らなかったけれど、行ってみるとなかなか良い体験でした。


more


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アイラ島のシングルモルト [ライフ]

アルコールが好き。


一番好きな酒はもう10年以上ラム酒だけど、もっといろんなお酒を知ってみたい。

そんな中、結構前に出会った本がある。
村上春樹氏の「もし僕らの言葉がウイスキーであったなら」
これ読んだらほんとシングルモルト飲みたくなります。

昔、ウイスキーの原点はシングルモルトだ!と誰かに聞いて飲んでみたときは、とても飲めたもんじゃなかった。
すごく喉にくるし、埃っぽい味だし。


R0016023.JPG
なんで酒屋へ行ってはついつい好きなラム酒や芋焼酎に手を伸ばしてましたが、ついにシングルモルトを買ってみた。ボウモア12年。ソーダ付きのハイボールブームにのった代物。たぶんかなり前の売れ残り。

まずはハイボールやってみました。
R0016027.JPG
味はいくらソーダで割っても昔飲んだイメージそのままだった。
埃っぽい、喉にくる味。
割るとうす苦い感じなので、2杯目からはロックで。

飲んでるうちに分かるようになるんかな。
とりあえずしばらくシングルモルトにはまってみます。

村上氏曰くボウモアは「古式豊かな」作り方をしているそう。人の手が入った温もりの感じられる味らしい。
R0016025.JPG




韓国旅行2 [ライフ]

ソウル2泊3日の旅、2日目。
と言っても、3日目は朝10時のフライトなんで、実質最終日。

朝早くから、夜遅くまで歩き回った。
地下鉄には10回ぐらい乗ってあちこち移動。


韓国版 花より男子で舞台となったお粥のお店。
僕は特に興味はなかったんですが・・・
R0014303.JPG
R0014302.JPG


家具好きのオーナーによるaA CAFE
R0014374.JPG

デザインなティーセットはノーマン・コペンハーゲンのモノ。
R0014414.JPG

カフェのほうはほとんどイームズ中心でしたが、僕らの席には
ピエール・ポーリンのオレンジスライスチェアが。
R0014399.JPG

地下には本でしか見たこと無いような名作家具がたくさん。
フィン・ユールのソファまであった。
R0014420.JPG

そして偶然にもワールドカップ日本×オランダ戦のパブリックビュー会場を発見したので
夜は初めてパブリックビューというものを経験してきました。
R0014281.JPG

韓国で日本戦の応援って人集まるんかなと思ってましたが、約2000人が来場。
入場は無料でビール付き。そしてなぜかバーモントカレーも貰えた。
R0014437.JPG

ご存知の方も多いかと思いますが、家で観戦するのとは感情の入り方が全く違ってくる。
ボールを奪って、おおっ!というぐらいの感情が2000人集まると、うぉーーーーっ!ってなる。
なんでゴールの惜しい瞬間とか、最後のPKになるかどうかみたいな時は総立ちでした。
2000人の感情が一つの方向に向かうとすごい力になる。

旅行をすると、特に海外に行くと、今見ている景色をまた見ることは
二度とないんだろうなという思いに駆られる。
そんな喪失感と海外だ!という高揚感が好き。
短かったけどリフレッシュできた旅でした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

韓国旅行 [ライフ]

最近、ここ1年ぐらいは朝6時過ぎには出社、帰宅は22時ぐらいと仕事仕事の
叫びたくなる毎日なんでストレス解消に旅に出てきました。
といっても2泊3日の実質1日半という弾丸ツアーだけど。

海外旅行は15年ぐらい前に、初めて海外に行ったベトナムで国文化の違いに衝撃を
受けた。その頃はバックパッカーが流行で、バックパック一つ持って航空券だけ持ち
毎日行きたいトコに行き、ホテルを変えながら、現地の人と触れ合いを求めてた。
まさに「旅」だと思った。
以来、時々無性に旅に出たくなる。

そんなめったに行けないけど、だから新鮮さがあって楽しいのかもしれない。

で、今回は韓国のソウルに行ってきた。
過去に一回トランジットが間に合わなくて1日だけ滞在したことはあるけど
ちゃんと行くのは初めて。
久しぶりの海外で、久しぶりにドキドキした。
ハングル語は全く分からない上に英語もほとんど話せない。
でもまあ何とかなるもんで楽しめました。

時差はなく気温も日本とほぼ同じ。
そして街行く人の姿も日本人とたいして区別がつかない。
けれど話してる言葉が全く違う。何とも言えない不思議な感覚だった。

出発の4日前ぐらいに予約して、何も予定立てず,行き当たりばったりの行動。
でもソウルのオシャレ通り?カロスキルにて北欧ショップ見つけました。
韓国に行ってまで北欧というのもなんだけどなかなか凄いショップでした。
フィン・ユールやウェグナーの名作がズラリ。
価格は日本と同じぐらいでした。
R0014217.JPG


R0014266.JPG
地下鉄乗りまくって移動してたんですが、大体の場所は一回1,000ウォン。
日本円だと80円ぐらい。安い。
紙の切符はすでに廃止されカードになってます。
カードは使いまわしできるよう返すと返金されるシステム。
スーパーもゴミ袋は必ず有料だし、日本よりエコ感覚進んでるかも。

ソウルの中心ミョンドンでは夜十時過ぎても人ゴミでごった返してて
なかなかディープな都市でした。
R0014250.JPG

晩御飯はミョンドンにある怪しげな路地を入った
R0014264.JPG


石焼ビビンパ創始者の店。
美味しかった。
R0014257.JPG

初日は16時ぐらいについて23時ぐらいまで歩き回ってたけど、ほんとヘトヘトでした。






nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

座右の銘 [ライフ]

座右の銘とは常に自分の心に留めておいて、戒めや励ましとする言葉。
座右の銘を持って生きている人はどれくらいいるんだろうか。

最近10数年軸としてきた座右の銘が変わった。

僕が明確に座右の銘を意識したのは20歳ぐらいの頃。
その座右の銘はJust do it

nikeがずっと使っている言葉。
adidasマニアの自分としては好きじゃないnikeにも関わらず初めて意味を知ったとき
何かこれからの道が開けたかのような衝撃を受けた。

意訳すると まずやってみろ!そうすれば君のできないことが一つ減るだろう。となるらしい。
ずいぶんと長い間この言葉を心に刻んで,迷ったときは、まずやってみることを心掛けてきた。
そうすると大抵のことはできた。できないことが一つずつ減った。

ただ最近この言葉を使う機会が減ってきて、漠然と新しい軸が欲しいなと思ってた時
スケートのキム・ヨナ選手のNo pain, No gainという言葉を知った。
特に好きでもない選手だけど、あれほどの人でもそういうオモイがあるんだと衝撃を受けた。
あれほどの人だからかもしれないけれど。

No pain, No gainとは
苦しまずして、得るものなし。
何かを得ようと思えば痛みを伴うものだ。大なり小なりそういう気持ちを持って生きたい。
そう思えば休日の仕事も苦痛にならない。多少は。

ということでこの言葉が今の僕の座右の銘です。


ユールも
R0013955.JPG

長い旅路の果てに
R0013954.JPG


水にありつけました。
R0013967.JPG
No pain, No gain

nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

宇治で茶摘み [ライフ]

前もって計画を立てて動いた方が効率よく動けるのは分かっていても
今回のGWは全く計画もなく、ほんと行き当たりばったりの毎日。
何処行っても渋滞だと思うとあまり動く気になれない。

昨日は宇治に茶摘みに行ってきました。
宇治茶会館というものがあり、いろんな体験ができた。
IMG_0793.jpg

茶摘みをしながら、プロのおっちゃんにいろいろ教えてもらいました。
お茶に詳しい人なら当然のことかもしれないけど、知らない人の為に
と自分が忘れてしまわないようにここに記しておこう。

得た知識をブログに一元化しておけば、今後何かを思い出したいとき
探しやすくなる。はず。


●玉露と煎茶の違い
一口にお茶といってもさまざまな種類があるが、お茶の葉はすべて同じ。
育て方の違いで変わる。
玉露は下の写真のように覆いがされた茶園で育てられる。
煎茶は覆いなし。
覆いがあったほうが甘味のある美味しいお茶になるとのこと。
IMG_0317.jpg
●手摘みとはさみ摘みの違い
茶摘みは大きく分けて2種類、手摘みとはさみ摘みがある。
そして玉露は手摘みで摘み取られるのが普通で、煎茶ははさみで
摘み取られることが多いとのコト。
手摘みは時間と労力がかかるけど、古い葉や枝が混ざらず、芽につく
傷を最小限にして酸化を抑える利点があるとのこと。
●1番茶、2番茶の違い
4月に出た新芽を摘んだものを1番茶、その後夏ぐらいに生えてきた
新芽を摘んだものを2番茶という。場所によっては3番茶まで摘むとこ
もあるらしいけど、1番茶が一番甘味もあって美味しいとのこと。
また2番、3番と摘んでいくとお茶の木を痛めることにもなるらしい。
宇治では1番茶までしかやっていないとのこと。

玉露が高くなることが理解できた。単純明快に。

摘んだ芽を少し頂きました、ホットプレートで製茶できるそうなんで
近いうちにやってみます。
IMG_0791.jpg

まだまだ世の中には体験したことないことがホントたくさんある。
仕事は如何にしてルーチン化するかを考えるけど、
人生はルーチン化したくないなぁ。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ICE BAR in TOKYO [ライフ]

だいぶ間があいてしまったけれど、東京。
もう一つの目的 アイスバー。

スウェーデンの北の方(ユッカスヤルヴィ)にあるアイスホテル併設のアイスバーが本場。
アイスホテルは氷でできたホテルで建物はもちろん机や椅子やベッドまで氷でできている。

初めて知ったとき泊まりたいと思った。
小さい頃かまくらに入ったことはあるけれど、氷のホテルなんて想像もしたこと無かった。
とても寒そうだけど、かまくらはあったかかったし、たぶん寝ることには問題ない。
そしてオーロラが見たい。

けど実現はすぐには難しい。遠いし。高いし。

そんなことを考えてた頃、転職の合間をぬってスウェーデンに行く機会があった。
ユッカスヤルヴィは無理でもストックホルムのアイスバーに行きたかった、が実現しなかった。

ストックホルムまで行ったのに目的を果たせなかったことがずっと後悔でオモイ焦がれていた頃
日本にあることを知った。銀座に。

まずネットで事前予約。目の前で入れなかったら、また東京行かなきゃいけないし。


そんなこんなで 行ってきました。
R0012603.JPG
価格は45分で防寒着と手袋と1ドリンクで3500円。
高いけどスウェーデン行くことを考えればまぁしょうがない。
室内は常に-5℃に保たれているそうなんで、防寒着と手袋もいるだろう。

実際、入って数分ぐらいは全然寒くなかったけれど、出る頃にはそれでも寒かったし。
壁、机、椅子全て氷でできていて、氷でできた太鼓もあった。きちんと音が出る。
床と天井は氷じゃないのが少し残念。それでもアイスバーの雰囲気だった。
本物知らないけれど。
R0012572.JPG
やっぱり一番は氷でできたグラス。
主にウォッカ系のカクテルを選んで作ってもらう。
こんな感じに。
R0012582.JPG
この室内だとグラスは溶けないんでカウンターに積み上げてストックしてあったのが印象的だった。



あたりまえだけど、グラスが氷なんで氷は入れない。
でもグラスが氷なんですごく冷える。あたりまえだけど。
R0012584.JPG


美味しくて2杯目飲みたかったけど、1杯1000円。
グラスはそのまま使えるけど、交換するなら+800円。
ということですでにさんざん散財しまくってた僕らは止めときました。

スタッフの方に聞いてみると、机とか椅子とかオープンからずっと使ってるそう。
溶けはしないけれど表面が傷つくと磨いているらしい。
維持するの大変だと思う。
閉店間際の時間帯でも結構人いたし。

何年も前からのやりたいことをまた一つ実現できた。
やりたいことを見つけて実現して、またやりたいことを見つける。
この流れをあせらずにゆっくりと続けることができたら幸せだと思う。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

良いお年を! [ライフ]

気が付けばブログを書き出して1年が経ってた。

継続して物事を続けることが苦手な自分としては珍しい。
来年もマイペースで続けていきます。

今年も今日で終わり。
見に来てくださった方、コメントしてくださった方、nice!を下さった方
ありがとうございました。

また来年もよろしくお願いいたします。
R0012395.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。