So-net無料ブログ作成
バイク ブログトップ

CB450とのラストラン [バイク]

先月、愛してやまなかったCB450とラストラン。
DSCN5128.JPG

レトロなバイクが大好きでさまざまなレトロバイクを探しに探してやっと出逢えたHONDA CB450-K1。
1969年式。ぎりぎり大型の450cc。現在42歳のバイク。
そのうち僕は13年乗った。

ステーターコイルの移植に加えてレギュレーターを社外品で取替えしてからは、この13年間で一番調子いいんじゃないかというぐらいで、毎週乗ってればセル一発でエンジンかかるほどの好調ぶり。


一緒に走ってるとタンクに抱きつきたくなるぐらい愛おしくて大好きだったけど、悩みに悩んだ末手放すことにしました。
その理由は


more


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

CB450-K1のステーターコイル [バイク]

5月に長期入院からやっと戻ってきた愛車、またまた入院してました。

戻ってきてバッテリーを新しくしたにも関わらず、走っててエンジンが安定しない。
ウインカーを出すとパワーダウンする。
ちょっと近所まで走ったら、帰りには動かず押して帰るはめに。

で、また調べてもらったところ今度はステーターコイルが駄目になっているとのこと。
知識の無い僕にとっては初めて聞く部品。
エンジンにある部品です。こんなの↓
R0014838.JPG



これが駄目だとバッテリーを充電できない。
ということはすぐバッテリーが駄目になる。


そしてメーカーにはもう在庫がないとのことなんで、オークションを探すが無い。
いろいろとバイク屋さんが方法を探してくれて、コイル巻きなおしの外注を考えました。
でも巻きなおし料金をいろいろとあたってみたけど、大体25,000円~35,000円ぐらいして、レギュレーターも換えたり工賃がかかったりすると60,000円ぐらいになるとのことでいったんストップ。
もう僕の生活レベルでは維持できるバイクじゃないかも。


でも諦めきれずたまたまオークションでエンジンが出品されていたので落札。

今回初めて知ったけどエンジンは危険物になって普通に宅急便なんかでは送れない。
出品者の方に相当無理をお願いしてなんとか送ってもらいました。
こんな形で↓
R0015320.JPG

バイク屋さんが通常エンジンを送るときはエンジンの大きさに合わせて木箱を作成するそうです。
今回は出品者の方がバイク屋さんではないという事もあって木箱は作成できないので、台車に乗っけて送って頂きました。梱包相当大変だったと思います。
それでもほとんどの運送屋さんは無理だったみたいだけど、福山通運さんが引き受けてくれました。


結局エンジン代、梱包料、送料で結構な値段になってしまったけど、巻きなおしよりは安くついたし、その他の部品取りにも役に立つだろうし、これで何とか直ってほしい。
結局夏は乗れなかったけれど・・・。



今回改めて、バイク屋さんや出品者の方や運送会社の方ほかにもそれに関わる大勢の人たちに、助けられていることを強く感じた。
たぶん、おそらく、とんでもなく面倒だと思ったと思う。でもそんなことを全く表面に出さずに対応していただいた。
自分もそういう人になりたい。











nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

CB450K-1のオイルシール [バイク]

R0013984.JPG
バイク復活。
長期入院生活してました。

車検やキャブのオーバーホール等いろいろ
やってもらったんだけど、問題はオイル漏れ。

キックシャフト根本のオイルシールが
ダメになってて、そこから漏れていた。
R0013983.JPG

オイルシールを交換すれば済むことなんだけど
もうメーカーストックが無いとのこと。
純正じゃなくてもいいやと思ったけど作られてない。
ネットやオークションで探したけど全然見つからない。
ついに修理不可能な箇所がでてきた。

CB450のオイルシールは直径29ミリ。
28ミリや30ミリはあるけど間が無い。
そこでバイク屋さんからの提案が、バイク本体の29ミリの
穴を削って広げて30ミリにしてしまうというもの。
そうすれば市販の部品を使える。
それを加工する業者さんを探して、できるかどうか交渉してみるとのこと。

結構な手術だ。さんざん考えていただいた結果なんだけどちょっと怖い。
そこでバイクに詳しい友人に相談してみたところ、エンジンカバーごと変えてみたら?との意見。
早速オークションでエンジンカバーを検索してみると奇跡的に1個出品中。
もしかしたらオイルシールは駄目になってるかもしれないけれど
この可能性にかけてみた。

結果、オイルが少しにじむぐらいで完全ではないけど復活しました。

旧車に乗るってことは修理はつきものだけど、ほんともっと自分で
やれるようにならないといざというとき困る。
以前は車検もユーザー車検やってたけど、自分で通しただけだと不安でプロにお願いしてる。
車検なんてほとんど自己申告だし。


なんにしても旧車の一番の薬は乗ること。
今年はひさびさにツーリングに行こう。

記念にはずしたエンジンカバーもらってきました。
何かに活用できないかな。
R0013980.JPG


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ホンダのレトロバイク [バイク]

ホンダのレトロバイク  ドリームCB450
date :1969年
material :
manufacturer / client :Honda(ホンダ) /Japan
使用年数        :10年

ホンダのドリームと呼ばれる時代のバイクに乗ることが死ぬまでにしたいことの一つだった。
実現性薄いよなぁと思いながら。

社会人になって1年目に大型免許を取って、バイクを探してた頃カワサキのW650が
発売になり旧車にするか新車にするか迷った。

いろんな人と話してるうちにコダワリが強いようだからおそらくW650じゃ満足できない
と思うよ。というようなことを言われて,BMW R60やトライアンフ ボンネビルなんかも
迷ったけど価格とやっぱ日本車かなと思って、このCB450に決めた。
R0010307.JPG

CB450は世界の大型バイクが650cc全盛ぐらいの時にホンダの技術なら450ccで十分
だと世界に送りだして負けて帰ってきたというバイク。
そして750ccの時代へ突入していった。たしか。
メーターは今でも180kmぐらいまでが多い中で200kmまである。
世界最速を夢見てた気持ちが伝わってきてまた好き。
CB450.JPG

このバイクは今年で40歳。初任給が3万円の時代に26万8千円で売られていたバイク。
僕が乗り始めてからでも10年。いろんなことがあった。

テント積んでツーリングしたりしてた頃、50代、60代のおっちゃんに人気で、
あるおっちゃんが「ちょっと待ってて使い捨てカメラ買ってくるから。」と買ってきてカメラ一台分
撮りきってたり。
最近少なくなってきたけど、おっちゃんにはよく話しかけられて嬉しい気持ちになる。

でも交差点の真ん中で止まったことなんて10回や20回では済まされず、さあ出発だといって
動かなかったことなんて20回や30回じゃ済まされない。
いまや交差点の真ん中でおもむろにサイドスタンドたてかけキックすることなんて
汗一つかかずできます。

走ってる最中に止まることもざらで、これまたあせらずにそのまま押しがけの要領で
再度エンジンかけることも余裕です。
またアイドリングが安定しないときもあり、信号待ち中もずっとふかし続けなきゃ止まる
中でツーリングしたことも。
そして転勤のたびに修理してくれるバイク屋さんがなかなか見つからず「うちじゃこういうの
取り扱ってないんだわ。」とか言われたことも。


そしてもう無理だ手放そう。と思ったことも。
一度なんて手放す為にバイク屋さん呼んで、来た時に「やっぱ修理して乗ります」と言った
ことも。
と、大変なことの方が多いけど、大変なことが多いからこそ愛着が一番強い。
なんだかんだ修理したおかげで最近調子良いし。
調子悪い状態の走りも知ってるから、調子が良い今日はご機嫌やなぁ。と思って
自分まで嬉しくなる。
動くだけでも嬉しくなる。今のバイクじゃ当たり前のことでも嬉しいと思えるのは幸せだと思う。

そしてバイクに乗るということが、一番手軽に非日常を感じることが出来る手段ということが
最大の魅力。
旅行行きたいけど無理やなってときにバイクでちょっと走ると違う世界に連れてってくれます。
バイクじゃなきゃ味わえない。

最近は部品も少なくなってきてるけど、まだホンダが持ってることも多い。
発売40年で部品ストックしてるって凄い。
直し続けながらずっと乗り続けたい。

今日写真撮るために動かそうと思ったら、またまた動かずヘコんだけど、たぶんたぶん
くじけない気持ちを育ててくれてるんだと思う。

R0010302.JPG
10年経ってまだ買ってよかったと思えるモノはなかなか無い。
こういう10年選手に囲まれて暮らしたい。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
バイク ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。