So-net無料ブログ作成
検索選択

柳宗理のエレファントスツール [家具]

YANAGI SORI(柳宗理)      エレファントスツール
date :1954年、2004年
material :ポリプロピレン
manufacturer / client : Vitra(ヴィトラ)/Switzerland
2010.6

R0017148.JPG
我が家では食器も愛用している柳宗理のスツール。
通称<象脚>というらしい。
これは1954年にデザインされたモノが、ヴィトラから2004年に再復刻されたモノ。

2001年にはトム・ディクソンがハビタから復刻したこともある。
本当によいモノは生産中止になってもどこかで誰かが復刻してしまう気がする。
時代を超えて誰かが復刻したいとオモイ、商品として復刻してしまう。
デザインした者としてはこれ以上の喜びはないんじゃないかと想う。

本当は最初のコトブキ社かハビタ社のFRP素材のエレファントが欲しいけど、値段が・・・。

R0017147.JPG
エレファントスツールのこの曲線がすき。
なぜそう思うのか説明できないけど完璧という言葉があてはまる曲線だと思う。

海外では<オリエンタル・カーブ>と言って東洋人にしかよさが分からない微妙で完全なラインらしい。
最高の褒め言葉。オリエンタル・カーブ。

エレファントスツールはリプロダクト品が多いけど、このオリエンタル・カーブはなかなか模倣できない。


R0017151.JPG
ちょっと大人数来客のときのホスト側の椅子としてだったり、なかなかテーブルと高さが合いにくいソファのサイドテーブルとしてだったり、高いところのモノを取るときだったり、結構活躍シーンがある。


R0017154.JPG
ちびペキも座れます。
長女固まってますが。



にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村

リキのスツール [家具]

渡辺 力         リキ ロースツール
date :1965年
material :ダンボール
manufacturer / client : METROCS(メトロクス) /Japan
2010.9

日本の巨匠 渡辺力のスツール。
DSCN4233.JPG
DSCN4234.JPG
スツールは使いづらい、どうせなら背もたれが欲しいというイメージだったけど
ソファの足置きとして、ちょっとしたサイドテーブルとして、玄関での靴の脱ぎ履き用としてと
実は用途が広いことに気づいたのは結構最近。

このリキスツールは玄関で活躍してます。
今までいろんなモノを玄関スツールとして使ってたけど、軽くて圧迫感もなく床を傷つける
ことも無いこのリキスツールに勝るモノはなかった。
邪魔なときは軽く蹴飛ばせるし。


そして、だからかこれは実は2代目。
2年ぐらい前に1代目が我が家に来て愛用してたんだけど、こんなぼろぼろになったんで
また購入しました。DSCN4231.JPG
DSCN4232.JPG
ダンボールなだけあって水気に弱かった。

45年前にデザインされたモノがいまだ生産されている理由が分かる。
これだけモノが溢れてる中で同じモノを2回購入する確立なんてそうない。
安いし、カラバリの多さも重要。
また手に入れる楽しみがある。
DSCN4237.JPG

僕は基本的に一つのモノを使い込んで、愛着が高まったり、経年変化を楽しんだり
することが好きだけど、こういう楽しみ方もあるんだと思った。


DSCN4238.JPG
箱も中からこんなスツールが出てくるとは思えない感じがイイ。
プレゼントなんかにもいいかも。




ロン・アラッドのトムバックチェア [家具]

Ron Arad(ロン・アラッド) 椅子 Tom Vac(トム・バック)

date :1997年
material :ポリプロピレン、スチール
manufacturer / client :Vitra(ヴィトラ) /Switzerland
2010.6

R0014713.JPG
ロン・アラッドの評価を一躍高めたのがこのトムバックという椅子。
脚がキャスターがついたトムロール、ロッカーのついたトムロックなんかもある。

カフェやショップで使われていたり、テレビでもよく見かける。
流行りモノというイメージで、流行るモノは飽きやすいイメージがあって、あまり印象は
良くなかったんだけど驚愕の75%offというセールだったため、これも出会いだと
思って我が家に連れて来ました。
そんな価格でも1脚しか買えませんでしたが・・・。


連れて帰ってみると意外に大きい。存在感がある。
座ってみると包み込まれる感じで安心感がある。この形状は肘掛としても機能する。
シェルのリブは補強という効果もあるそう。
R0014717.JPG

後姿も秀逸で、空いた穴に脚を差込みスタッキングもできる。
後脚を見ると、ル・コルビュジェの 「機能はデザインに一致する」という名言を思い出す。
時代を超える名言とはこういう言葉のことだと思う。
R0014714.JPG

発表時にロン・アラッドはこの椅子をタワーのようにスタッキングしたそう。
スタッキングできるようにみえない椅子の特徴を上手くアートにしてる。
知ってからやるにはなんでもないただの積み上げかもしれないけれど、
その創造力が羨ましい。

R0014715.JPG
どうやらこのトムバックは2007年3月5日に店にやってきたらしい。
Vitraの最近の製品にはすべてこのようなシールが貼ってある。

イームズの作品を正規復刻することのできる2社のうちの1社というだけはある。
管理ひとつにしてもVitraという会社のモノへのオモイが伝わってくる気がする。



IKEAの書棚 [家具]

Annika Bryngelson 書棚 BILLY

date :1980年
material :
manufacturer / client :IKEA(イケア) /Sweden
2010.5

書棚が欲しくて北欧家具で探してましたが、高すぎて手が出ない。
そんなときSOURIのルームブログでみたイケアの書棚にヨメさんが魅かれ
我が家も真似させて頂きました。
ビリーの30周年限定品。

今までは一時期DIYにはまってたときの木製の自作の棚?を使ってました。
照明も取り付けて夜に灯すとCDの後から灯りが漏れて好きだった。
元々は脚がついててバーテーブルとして作ったモノ。
R0013999.JPG
オモイはすごくあるモノで10年ぐらい使ってたんだけど、あまりにごちゃごちゃなんで
心機一転してみました。

イケアの商品は基本自分で組み立て。
電動ドライバーやとんかちなんかを使って組み立てる。
R0014009.JPG

ユールもお手伝い。
R0014014.JPG

自作の棚も捨てがたかったけど、やっぱりこっちの方がまとまりあるなぁ。
R0014021.JPG



アルネ・ヤコブセンのエッグチェア [家具]

アルネ・ヤコブセンがSASロイヤルホテルを建てたときにデザインしたエッグチェア。
高すぎてとても買えない憧れの椅子。

そんなEGGのSEWING EVENTが5月4日梅田のイルムスで行われた。
R0013924.JPG
R0013889.JPG

デンマークのフリッツ・ハンセン社から来た職人さんにEGGの張り込みを
目の前で見せてもらえるというスペシャルなイベント。
未完成のEGGを見ることができる機会なんてもう2度と無いと思って予約して参加してきました。
R0013915.JPG

EGGの張り込みはファブリックよりレザーの方が力もいるし難しいとか、一つの
EGGの周りを縫うだけで熟練の職人さんでも3,4時間はかかるということ、
スワンの方が縫いはもっと難しいこと等いろいろ教えてもらいました。

縫い針は曲がった針を使ってました。
R0013926.JPG


縫いを見ている間、このEGGは完成したらどうするんだろう?
「今日見に来てくれた中でも、一番熱心に見ていた君にこのEGGをプレゼントしよう!」
って言われないかなぁと思いながらずっと見てた。

全くもってそんな美味しい話はなかったけど、フリッツ・ハンセンの装丁が豪華なカタログを頂いたり、
職人さんと写真撮らせてもらえたり、サインしてもらったり、久々に心躍るイベントでした。


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

アルネ・ヤコブセンのセブンチェア [家具]

Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)  Seven Chair(セブンチェア)
date :1955年
material :
manufacturer / client :Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン) /Denmark
2009.1

北欧家具の王道セブンチェア。
王道すぎて避けてたんだけど、リサイクルショップにてB-テーブルと4脚セットで発見。
R0010225.JPG

今まで記事にしたモノたちも定価で購入したモノは全くと言っていいほど無いんだけど
これは群を抜いて激安だったんで、思わず衝動買い。
1997年製みたい。
R0010227.JPG

良いモノは高いモノが多くて、なかなか手を出せないけど、あせらず待ってれば
不意に目の錯覚かと思うような出会いがある。
その結果求めていなかった出会いでも、素晴らしいモノに出会えることがある。

このセブンチェアもそのひとつ。
硬いイメージがあったんだけど、意外と長時間座っても気にならない。
適度なしなりと、やっぱり木でできているんだなと思わせる独特の質感。

有名すぎてリプロダクト品が沢山あって、今まで見分けが付かなかったけど
所持してみると違いがなんとなく分かってきた。

モノを所持することによってそのモノを深く理解していける過程が好き。

邪魔なときはスタッキング。
R0010229.JPG

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

カイクリスチャンセンのソファ [家具]

Kai Kristiansen(カイ・クリスチャンセン)  PaperKnife sofa(3シーターソファ)
date :1956-1960年?
material :チーク
manufacturer / client :Magnus Olesen(マグナス・オルセン) /Denmark
使用年数        :2ヶ月


北欧のヴィンテージソファが欲しいと思い、カリモクKチェア2シーターを手放し
時間をかけて探し当てたソファ。
カイ・クリスチャンセンのペーパーナイフソファ。
DSCN8129.JPG

普通の3シーターだと大体幅が180cmから200cmぐらいになるんで、
我が家には少し大きすぎる。
でも2シーターだと小さくて、2.5シーターがベストだと思い探してた。

そしてできればデザイナーズモノ。
デザイナーズモノならもしこの先に手放すことがあっても、買い手がみつかる。
違うソファに座りたくなっても、ソファを2つも置けないから。

しかしなかなか北欧ソファを取り扱っている店が少なくて、いろいろ見たけど
友人がオーナーの名古屋にあるFavorというお店で買い付けの時に探してもらいました。
そして2度目の買い付けの時に、ベストなこのソファが出てきました。
3シーターなんだけど小ぶりの167cm。通常の2.5シーターぐらい。
理想の幅のソファ。

また座ったときの角度もベストなソファ。
私にとってソファは角度がかなり重要。

オーレ・ヴァンシャーを購入するときは角度の無いソファが良かったんだけど、
元々ソファは座るときは寛ぎ、食事をするのはダイニングチェアでするもんだ
と何かで読んでから、そうだよなーと思い始めてて。

クッションはなかったので1から作成してもらうことになったけど、硬さ、色、厚さ等
希望を言えるとのコト。散々悩みました。購入を決めてから1ヶ月くらい。

色はどうせ選べるなら裏返したとき違うソファになればと表はグリーン、裏はグレーに。
そしてそこから腕の良い職人さんに出してもらい、約2ヶ月待ち。
順番待ちになるくらいの職人さんのクッションだけあって、またFavorのオーナーさんが
こちらの求めるモノを完璧に理解してくださって、硬さ、厚さと理想のモノができました。
DSCN8127.JPG


昔は埋まってしまうくらいのフカフカのクッションが最高のソファだと思ってたけど、長時間
座る場合は柔らかすぎてもしんどいと知ってから、長時間座れる適度な柔らかさを求めてた。
そんな長時間座れるソファ。

そして座面はオーレ・ヴァンシャーがコイルスプリングで、コイルスプリングの座り心地が
理想だと思ってたけど、ウレタンでもとてつもなく座り心地がいいソファ。
最初の5日間ぐらい座ったらいつの間にか寝てて、起きたら朝。という生活が続いたぐらい。
今でも気を抜くと寝ちゃうソファ。

そしてこうやってパソコンしてると、早く打ち終えてソファに座りたいと思わせるソファ。
また一歩北欧にはまっていってます。
まだまだ語り足りないソファだけど今日はこの辺で。

最近Favorのホームページでこのソファを紹介していただきました。
他の家が素晴らしすぎて一緒に並ぶのには抵抗があるけど・・・。












カリモクのテーブル [家具]

unknownテーブル
date :1963年
material :ラバートリー
manufacturer / client :カリモク家具 /Japan
使用年数:5年


以前書いたKチェア2シーターに続きカリモクテーブルも手放した。
これまた弟のところへ。
DSCN6822.JPG


このテーブルはカリモク60ではなくオリジナル
おそらく1960~70年代に生産されたもの。
復刻されているカリモク60テーブルのベースのひとつとなったデザイン
DSCN6825.JPG

復刻されて尚、売れることもすごいけど、オリジナルも程度良く残っているのもすごい。
普通に使ってればどれぐらいもつモノなんだろうか。

飽きたわけじゃないけど、もっと木の質感が分かるモノが欲しくなったからからもっと大切に
してもらえる人のところに。

歳を重ねていくごとにモノの本質を求めるようになってきた。
昔はお金を出してモノを買うことがかっこ悪かった。
お金さえ出せば手に入れられるモノの価値は低かった。
安くて価値のあると思うモノに魅かれてた。

今はお金を出さないと手に入れられない価値のあるモノもあると思う。
価値の無い高いモノのほうが氾濫してるけれど。
また歳をとると変わってくる考えかもしれないけれど。




余談だけどツルモク独身寮はカリモク家具の元社員が書いたらしい。
かなりはまった漫画。




オーレ・ヴァンシャーのイージーチェア [家具]

Ole Wanscher(オーレ・ヴァンシャー)  イージーチェア
date :1960年?
material :チーク
manufacturer / client :France &Son(フランス&サン) /Denmark
使用年数         :7ヶ月

初めて手に入れた北欧ヴィンテージ家具

思えばほんの数年前までアメリカヨーロッパも北欧も区別ついてなかった。
パントンが北欧なんて思いもしなかったし。
でも結局、何処の国のモノでもミッドセンチュリーに魅かれてた。

なぜか黎明期のモノに魅かれることがおおい。
試行錯誤の時代は発想の幅が限りなく広がっているように思える。

ヴァンシャー (2).JPG
そんな時代のオーレ・ヴァンシャーのイージーチェア。
イージーチェアとは一人用ソファのこと。

アームが木製のモノが好き。
1950年頃の木はまだ伐採がそれほどすすんでなくて、年輪が詰まってるとか
しっかりと乾燥させてから使ってるから狂いが少ないとか言われます。
細かいことは分からないけど、今売っている家具の木と比べると
手触りがずいぶん違うように感じる。

ヴァンシャー (1).JPG
そしてこのカーブがまたイイ。

座り心地も良くて、長時間座ってても疲れない。
この椅子が50年も前に作られて、おそらく最近日本に来て、ワガヤに来て今ここにある
と考えると重みを感じる。

これを何十年も大切に使って子供や孫に伝えていけたら、それはシアワセだと思う。
ワタシにとってもモノにとっても。


ヴァンシャーはあのウェグナーに影響を与えたと言われてます。
ヴァンシャーの記した「英国家具」という本から、ウェグナーの名作ザ・チェアのベースとなった
チャイニーズチェアが生まれたらしい。



カリモク60 Kチェア2シーター [家具]

unknown/カリモク60 Kチェア2シーター
date :1962年
material :ビニールレザー・ラバートリー
manufacturer / client :カリモク家具 /Japan
使用年数:5年
カリモク60Kチェア.JPG
愛知県刈谷市にある木工所ということでカリモク。
その製品の中でも一番有名だと思うこのKチェア2シーターは2002年からカリモク60として
復刻生産。

昔から復刻よりはオリジナルが好きなんだけど、これは珍しく復刻を購入。
そして5年経っても買ってよかったと思えてます。
ビニールレザーなんで手入れも気にしなくて、夏は若干ひんやり、
でも冬には冷たさは気にならず。
シートはスプリングコイルでウレタン主流の今ではあまり味わえない座り心地。
肘掛はウレタン加工がされてて水にも強い。
愛犬ペキニーズのユールちゃんの鼻水攻撃にも耐え続けました。

ただ数年前に中のスプリングが折れたようで、そのまま座り続けると
座面を破って出てきそうになってカリモクへ修理依頼しました。
するとなんと3年補償が付いているそうで、無料で座面全部交換!
またほぼ新品になりました。さすがカリモク。こんなアフターサービスある
家具メーカーはほとんどないのでは?

値段もモノを考えると安いと思うし、アフターサービスもしっかりしてて、
その上常に改良を重ね今回のシートは2004年製造物からはさらに改良されているとの事。

そんなこんなでお気に入りだったんだけど、最近の昭和レトロ~北欧へと
ワタシの流れには逆らえず北欧3シーターを購入してしまったんで、弟に譲ることになりました。北欧家具の木の手触りは最高!
まぁ会おうと思ったらいつでも会えるし、いざとなったら取り返すことも・・・。
カリモク60Kチェア4.JPG
最後にばらして掃除してみました。

カリモク60Kチェア3.JPG
ユールのお気に入りの場所でもあったんでさみしそうでした。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。