So-net無料ブログ作成
検索選択

ラッセルホブスのカフェケトル [家電]

Russell Hobbs カフェケトル 1.2l
date :1952年設立
material :ステンレス・ポリプロピレン・
ポリブチレンテレフタレート
manufacturer / client :Russell Hobbs(ラッセルホブス) /England
2013



image.jpg
随分と前から欲しかったモノ。
電気ケトル。


image.jpg
10年位前から欲しかったけど、やかんがあるし無くても格別に困ることもないしで、手に入れる機会が無かった。
でも電気ケトルを見つけるたびに眺めて、僕の中で電気ケトルを買うならラッセルホブスのカフェケトルにするということはほぼ決まってた。
でもなかなか買えず、なのに友人の結婚祝いに贈ったりしてた。

そんな時、弟からのお祝い返しでもらったカタログの中にラッセルホブスがあった。
それでも迷いに迷って、カタログの期限が切れようかという時にようやく選びました。
3サイズある中の1.2lサイズ。


image.jpg
このラッセルホブスで1番魅かれたのは注ぎ口。
大抵の電気ケトルは口が短い仕様だけど、これは直接カップに注いでも様になる。
image.jpg
紅茶を淹れる前にカップを温める時にも。
この注ぎ口から流れ出るラインが好き。

すぐにお湯は沸くし、沸いたら自動的に電源が落ちて無駄に保温はしないけれど、自然保温力が高くて1時間後でも70℃までしか下がらないらしい。

こんなに一つのモノをゆっくり手にいれたのは初めてのことかも。
手に入れようと思えばいつでも手に入ったのに。
でも改めて考えてみると、このサイクルの早い家電業界で約10年の間に廃盤になったり大きなモデルチェンジしていないことがすごい。


image.jpg
家電は難しいけれど、50年後に残っているモノになるかなー。
このウプサラエクビィのカップのように。
最近ムレスナティーにはまってる。
ティーバッグだけど。




nice!(15)  コメント(0) 

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。