So-net無料ブログ作成

熊野古道なかへち美術館/SANAA [アート]

SANAA
熊野古道なかへち美術館
date :1997年
place :和歌山県田辺市/Japan
訪問月:2012年8月


なかへち2.JPG
前々から行きたいと思っていた美術館。
熊野古道なかへち美術館。

金沢21世紀美術館なんかで有名な妹島和世と西沢立衛のユニットSANAAのデザイン。
とても小さな美術館で、気付かずに車で通り過ぎてしまったぐらい。


ガラスの壁一面に半透明のシールが貼られていて、外から中は霞んで見える。
日が暮れてくると中の光が外に漏れ出て美術館全体がぼうっと浮かび上がるように見えるらしい。

なかへち3.JPG
こちらは裏側。


なかへち6.JPG
これが半透明のシールの拡大。
よく見るとNAKAHECHI ART SALONとある。
ところどころ剥げてきていて、でもたぶんその部分だけの同じシールを作るのは難しいのか修復がされていない。

竣工されてから約15年。建物のところどころが傷んでいたのが残念だった。
経年変化は味をもたらす場合とそうでない場合がある。
田辺市立美術館の分館という位置付けだし、入館料は250円ということもあって建物の修繕にはさまざまな制約があるのかもしれないけど。

なかへち4.JPG
裏側の小窓から中が一部見えます。
おそらくSANAAデザインの椅子。
ずらっとカラフルに並んでいて鑑賞中にこの部屋に入ったときは息を呑んだ。

なかへち5.JPG
裏庭にも館内の椅子と似たデザインの椅子と机があった。
たぶんこれもSANAAだと思う。
これを見たとき、美術館をデザインしただけじゃなくてバックの山や川やこの世界遺産の熊野古道の風景を含めてデザインしたんだと思った。

なかへち1.jpg
そう思って見ると、この自然に美術館が溶け込んでいくように感じた。
次は夕暮れに見てみたい。
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 7

コメント 2

katakiyo

一見するとコンテナに見えてしまいますね。
by katakiyo (2012-08-20 06:19) 

つっちー

katakiyoさん

確かにそんな感じでした!
特に黒い部分が…

だから尚夕暮れの姿を見てみたくなります。。
by つっちー (2012-08-21 06:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。