So-net無料ブログ作成
検索選択

Chateau Lataste 2000 / Premières Côtes de Bordeaux [お酒]

sakura.JPG

ぎっくり腰とワインの話。あまり意味のない長文です。

ひさしぶりにぎっくり腰をやった。
10年以上前に腰を痛めてから腰痛と付き合ってきたけど、今回のはなかなきつかった。

備忘録として残しておきます。戒めに。

先週土曜日、社内の行事でボーリング中にピキっと。しかもまだ3フレ目。
やばいと思いながらも何とか2ゲーム終えて帰ろうとしたら、歩けないぐらい痛くなって先輩に送ってもらう始末。
やばいと思ったら安静にしとくべきだった。まだまだ腰痛初心者。

その日は友人とワインパーティする予定で、その状態でも行くつもりだったけど、家についてからはもう歩くどころか立てないし座れないし転がったら起き上がれなくなり、四つん這いで辛うじて動ける状態だったんであきらめた。

でも持ち帰った仕事は待ってくれないから日曜日は激痛を抑えるためワイン飲みながら仕事して、月曜日はなんとか立てるようになったんで後輩に部屋の前まで迎えに来てもらい会社に送ってもらい、課長に往復200キロ運転してもらい商談に行き、部長にかばん持ってもらい移動したりとさまざまな人から至れり尽くせり。

今回、周りの人の細やかな気遣いにすごく助けらていることを実感した。もし周りの人がなにか人の助けを必要とするときに、行動であったり、言葉であったり僕はそこまで人の身になって気を配れるか疑問だ。
そういう気配りが仕事にも影響する。もっと人の気持ちを考えて行動できる人間になりたいと思った。

今はだいぶ落ち着いて日常生活を送れるようになりました。感謝。

そんな中飲んでたワイン。
ラタスト1.JPG

Chateau Lataste(シャトー・ド・ラタスト) 2000

【産地】ボルドー地方 Premières Côtes de Bordeaux(プルミエール・コート・ド・ボルドー)地区 
【品種】メルロ-主体?
【アルコール度数】12.5%
【タイプ】赤

自分の中で整理も兼ねてボルドーワインについてまとめてみました。
※ほんとまったくのワイン初心者なんで、間違ってること書いてたら優しく教えてください。。

フランスワインには大きくボルドー地方、ブルゴーニュ地方、コート・デュ・ローヌ地方なんかがあって産地によっていろんな特徴がある。

たとえば格付け。同じフランスでも地方によってその格付けの決まりが若干違う。

産地での格付けでボルドー地方でいえば、ただ単にボルドー地方産となれば格は低い。そのボルドー地方の中の~地区となれば格は上がり、その地区の中でも~村というように村の名前まで瓶のエチケット(ラベル)に印字されていれば一番格上。

そして産地とは別にボルドー地方ではシャトーの格付けもある。シャトーとはワインを造っている醸造所のこと。でもほんとにお城(シャトー)みたいな建物が多くエチケットにもその絵が印字されていることが多い。
ブルゴーニュ地方ではシャトーと言わずドメーヌと言う。最初はドメーヌってブランドそこら中にあるなーなんて思いながらワイン探してました・・・。

シャトーには1級から5級の格付けがあり、これは昔ナポレオン3世が決めた。らしい。
その後1回だけ見直しが入ってシャトー・ムートン・ロートシルトが1級に格上げされた以外は現在も変わっていない。
でも後から力をつけてきたシャトーにも評価をってことでブルジョワ級という格付けが5級の下に置かれるようになった。

上記の産地格付けとシャトーの格付けで価格がだいぶ変わってくるけど、その年の気候に左右されたり、同じ村でも作り手によって左右されたりする。そしてぶどう品種によっても。
だからワインは難しいし、面白いんだと思う。



前置きがだいぶ長くなったけど、このワインはボルドー地方のプルミエール・コート・ド・ボルドー地区のもの。
地区ワインの位置づけ。たぶん。
よくボルドーは川を隔てて右岸と左岸にわけられるけど、この地区は右岸。


ラタスト.JPG
腰に細心の注意を払いながらコルクを抜いてるときのユールの視線が・・・。


シャトーとしてはあまり有名ではないと思う。検索してもほとんど出てこないし。

ボルドーの2000年は当たり年と言われていて、地区ワインの格付けだけど1000円代前半。
うーん。ワインを語るにはまだまだひよっこだけどいまいちでした。
なんでこんなに安いんだろうと思ったけど、やっぱりそれなりに価格付けされてるのかも。

もっと味が分るようになりたい。


nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 5

コメント 6

irie

わあ、大丈夫ですか?めちゃくちゃ痛そう・・・
でも、つっちーさんの周りはとても温かい方ばかりで
素敵な環境にいらっしゃるんですね!いいな*
それと。
私はつっちーさんの言葉に助けていただいて。
何度も励まされ、ちからをもらっていますよ*

それから、ワイン!もう、流石の一言、勉強になります。
添削は、Algernonさんにお任せして*
そうそ、さっき捨てようと整理していた雑誌に「ラブワイン」
って、大阪の屋台風ワインバーが載ってました。
最近、私も「ワイン」に敏感に反応しちゃってます*
by irie (2012-04-16 02:13) 

つっちー

irieさん

ありがとうございます。ギャーギャー言ってたのが嘘のように腰は今はだいぶ楽です。痛み止めの注射がよく聞いてます。走れるくらいに。

そうですよね。こういう環境は有難いですよね。
いつもグチばっかりだったけど、気付かせて頂きました。
ありがとうございます。
もっと全体がみえる人にならなければ。。
最近の課題です。

ワインは僕もほんと最近よく目にします。
いつも飲んでるあたりでも野菜とワインBARとか焼鳥ワインとか、よく見たらワインだらけ。
少し視点を変えるだけで世界は変わるんだなと。

いつも気付き与えて頂いてありがとうございます!
これからも頼りにしてます。
by つっちー (2012-04-17 00:07) 

Algernon

ぎっくり腰は治らないですからね・・・
ワタシも一時酷い時期があったのですが、痛みが治まった時期に
緩い腹筋から始めて筋力UPに努めました。
(あの地獄を2度と味わいたくない為にちゃんと節制してます)
出る時はクシャミしただけで発生しますからねぇ。
前にも後ろにも横にも縦にも動けない、ホント辛いですよね。

ワイン、飲むだけに飽き足らず生産地、バックボーンについても
探求なさっている様ですね。本当に素晴らしいです。

何はともあれ「飲んでみる」コレに勝る物はないでしょう!

という訳でお互い飲みまくっちゃいましょう!
(程々に・・・笑)
by Algernon (2012-04-18 14:55) 

つっちー

Algernonさん

さすがです。腰が痛いときは鍛えなきゃと思うんですが、私はいつも挫折してます。Algernonさんもあの辛さ経験されてるんですね。
ぎっくり腰はやってみないとなかなか分からない痛みですよね。

今は安心してクシャミできるぐらいに回復しました。

しかしほんとワインは飲んでみる。ですね。
ネットみたり本を見ても、飲んでみないとわからない。
私は飲んでも分かってませんが…

ワインのこと考えると飲みたくなります。
お互い飲みまくりましょう。
いつか一緒に飲みたいですね。
by つっちー (2012-04-19 23:32) 

kiyo

いきなり大変でしたね(゚ д゚)
早く回復されることをお祈りします。
私はまだやったことないんですが、30代後半、、、
鍛えておかないとそろそろやばいかもしれません。。。
by kiyo (2012-04-23 23:56) 

つっちー

Kiyoさん
レス遅くなりましてすみません。
腰はもうほぼ復活です。

私は20代前半で痛めてぎっくり腰は今回で2回目です。
30代半ばでこれなんでこれから先が不安です。。

またランニングでも始めようかと模索中です。

by つっちー (2012-04-28 21:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。