So-net無料ブログ作成
検索選択

アルネ・ヤコブセンの灰皿 [灰皿]

Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)   Cylinda Lineリボルビング・アッシュトレー 回転式灰皿(大)復刻品
date :1967年
material :18/8ステンレススチール
manufacturer / client :Stelton(ステルトン) /Denmark
2010.2


DSCN0190.JPG
ステルトンのCylinda-Line(シリンダライン)はアルネ・ヤコブセンの義理の息子である
ペーター・ホルムブラッドがヤコブセンに依頼し、デザインしてもらった
テーブルウェアのシリーズ。
他にもウォータージャグ、ソルト&ペッパー、コーヒー&ティーポットなんかがある。

当時の技術ではステンレスで継ぎ目の無いデザインを製品にするのは難しく
ステルトンはシリンダラインを実現化するのに3年を費やし製品化したらしい。
上部を回して灰を捨てます。
DSCN0191.JPG

煙草吸わないし、必要ないんだけど灰皿が好き。
ブルーノ・ムナーリの奴もカッコイイ。
灰皿を使いたいが為に煙草始めたいぐらい。


これはニューヨーク近代美術館(MOMA)の永久保存コレクション品。
MOMAにはいつか行ってみたい。

しかしMOMAの永久保存コレクションはどんどん増えていると思うんだけど
スペースどれだけあるんだろうか?



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。