So-net無料ブログ作成
検索選択

ホンダのレトロバイク [バイク]

ホンダのレトロバイク  ドリームCB450
date :1969年
material :
manufacturer / client :Honda(ホンダ) /Japan
使用年数        :10年

ホンダのドリームと呼ばれる時代のバイクに乗ることが死ぬまでにしたいことの一つだった。
実現性薄いよなぁと思いながら。

社会人になって1年目に大型免許を取って、バイクを探してた頃カワサキのW650が
発売になり旧車にするか新車にするか迷った。

いろんな人と話してるうちにコダワリが強いようだからおそらくW650じゃ満足できない
と思うよ。というようなことを言われて,BMW R60やトライアンフ ボンネビルなんかも
迷ったけど価格とやっぱ日本車かなと思って、このCB450に決めた。
R0010307.JPG

CB450は世界の大型バイクが650cc全盛ぐらいの時にホンダの技術なら450ccで十分
だと世界に送りだして負けて帰ってきたというバイク。
そして750ccの時代へ突入していった。たしか。
メーターは今でも180kmぐらいまでが多い中で200kmまである。
世界最速を夢見てた気持ちが伝わってきてまた好き。
CB450.JPG

このバイクは今年で40歳。初任給が3万円の時代に26万8千円で売られていたバイク。
僕が乗り始めてからでも10年。いろんなことがあった。

テント積んでツーリングしたりしてた頃、50代、60代のおっちゃんに人気で、
あるおっちゃんが「ちょっと待ってて使い捨てカメラ買ってくるから。」と買ってきてカメラ一台分
撮りきってたり。
最近少なくなってきたけど、おっちゃんにはよく話しかけられて嬉しい気持ちになる。

でも交差点の真ん中で止まったことなんて10回や20回では済まされず、さあ出発だといって
動かなかったことなんて20回や30回じゃ済まされない。
いまや交差点の真ん中でおもむろにサイドスタンドたてかけキックすることなんて
汗一つかかずできます。

走ってる最中に止まることもざらで、これまたあせらずにそのまま押しがけの要領で
再度エンジンかけることも余裕です。
またアイドリングが安定しないときもあり、信号待ち中もずっとふかし続けなきゃ止まる
中でツーリングしたことも。
そして転勤のたびに修理してくれるバイク屋さんがなかなか見つからず「うちじゃこういうの
取り扱ってないんだわ。」とか言われたことも。


そしてもう無理だ手放そう。と思ったことも。
一度なんて手放す為にバイク屋さん呼んで、来た時に「やっぱ修理して乗ります」と言った
ことも。
と、大変なことの方が多いけど、大変なことが多いからこそ愛着が一番強い。
なんだかんだ修理したおかげで最近調子良いし。
調子悪い状態の走りも知ってるから、調子が良い今日はご機嫌やなぁ。と思って
自分まで嬉しくなる。
動くだけでも嬉しくなる。今のバイクじゃ当たり前のことでも嬉しいと思えるのは幸せだと思う。

そしてバイクに乗るということが、一番手軽に非日常を感じることが出来る手段ということが
最大の魅力。
旅行行きたいけど無理やなってときにバイクでちょっと走ると違う世界に連れてってくれます。
バイクじゃなきゃ味わえない。

最近は部品も少なくなってきてるけど、まだホンダが持ってることも多い。
発売40年で部品ストックしてるって凄い。
直し続けながらずっと乗り続けたい。

今日写真撮るために動かそうと思ったら、またまた動かずヘコんだけど、たぶんたぶん
くじけない気持ちを育ててくれてるんだと思う。

R0010302.JPG
10年経ってまだ買ってよかったと思えるモノはなかなか無い。
こういう10年選手に囲まれて暮らしたい。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 3

コメント 2

nobuki

 古いバイクをさりげなく乗る
 動いているだけで満足
 いつ止まるか? 緊張感がたまりませんね!

by nobuki (2009-08-09 09:55) 

つっちー

そうですね。
ほんと動いてくれるだけで満足です。

私もnobukiさんを見習ってもう少しメカに強く
なろうと思います。
by つっちー (2009-08-10 22:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。